男性と女性

高齢者住宅を契約する手順|老後をまったり過ごす方法

不自由の少ない安全な生活

男女

サービス内容や利用料

高齢者住宅とは、高齢者の自立や不自由の少ない生活を目的として建てられた賃貸住宅です。一般的な賃貸住宅と異なり、各住戸にも共用部分にも、高齢者が安全に利用できるような様々な工夫が凝らされています。たとえば随所に手すりやスロープが設けてあったり、ドアがその場で開閉できるスライド式になっていたりするのです。また、食事や入浴時などにおける介助サービスがセットとなっている高齢者住宅もあります。急な体調不良などの際には、専任スタッフが24時間いつでも駆けつけるというサービスもあるので安心です。中には、健康管理のために、定期的に医療従事者が訪問するという高齢者住宅もあるのです。このようにサービスが充実していることから、高齢者住宅では一般的な賃貸住宅よりも利用料がやや高く設定されています。月々の利用料は20万円前後が相場となっていますし、立地条件や設備によっては、30万円を超えることもあります。さらに入居一時金と呼ばれている、有事の際の対応費用の先払いが必要となることも少なくありません。このように費用が多めにかかるので、高齢者住宅では入居前に、経済力における審査がしっかりと行われます。信用できる身元引受人の有無も、審査では重要視されています。もちろん健康状態もチェックされますし、重大な病気を抱えていたり、体の機能が著しく低下していたりする場合は、入居が認められない可能性があります。逆に言えば、ある程度の経済力があり、健康面でも大きな問題がない場合には、高確率で審査を通過できるということです。

市内全体に点在しています

福岡市の介護施設は約330件あり、そのうち約70件の介護施設は空室があり入居できる状況です。福岡市内の介護施設は市内全体に点在しており、入居を検討している場合は、事前に施設について調べておく必要があります。

高齢者への安心サービス

高齢者が日常生活を安心して送れるような食事や洗濯、掃除などへのサポートが、福岡の介護付有料老人ホームにはあります。また協力医療機関と提携して、健康管理や診療を受けられるサービスもあります。

病院と提携していると安心

要介護認定を受けている方が1人暮らしをするのが心配な時は、心斎橋の老人ホームに入居する選択肢もあります。その際は、病院と提携している施設かどうかを確認しましょう。そうすれば、何かあった時でもすぐに対応してもらえます。